カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

対面診療休止期間のお知らせ。

新型コロナウイルス感染拡大防止および政府からの緊急事態宣言の延長により、当院は5月末まで対面での診療を全て中止し、遠隔診療(スマホやパソコンによるいわゆるテレビ電話)のみにて対応させていただいております。

なお、5月14日39都道府県の緊急事態宣言解除を受けまして、6月より通常通り対面診療を再開させていただきます。つきましては、来院当日、咳や発熱など風邪症状がございましたら、あらかじめ電話にてご相談ください。

来院時の手指消毒・マスク着用など感染予防へのご協力お願いいたします。

 

ただし、今後の感染拡大状況によっては、遠隔診療での対応期間を延長する場合もございます。その場合は追ってホームページ上でお知らせいたします。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

重要なおしらせ

新型コロナウイルス感染拡大防止および政府からの緊急事態宣言を受けまして、当院では本日からの4週間(4月20日~5月15日)は対面での診療を全て中止し、遠隔診療(スマホやパソコンによるいわゆるテレビ電話)のみにて対応させていただくことといたしました。

尚、4月27日~5月8日までの2週間は休診とさせていただきます。

従いまして,遠隔診療は4月20日~25日及び5月11日~15日を予定しております。

ただし、今後の感染拡大状況によっては、遠隔診療での対応期間を延長する場合もございます。その場合は追ってホームページ上でお知らせいたします。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

広島初!医療提携パーソナルトレーニングジムOPEN!

パーソナルトレーニング、ストレッチスタジオ「トリム広島」の2号店「トリム広島 的場店」が4月7日にオープンいたしました。

「トリム広島 的場店」は広島初の医療提携パーソナルトレーニングジムとなります。

同店オーナーの長野トレーナーは、当院でもお子様へ体幹トレーニングやストレッチを指導していただいております。

今後は、当院の管理栄養士・看護師と連携のもと、お客様のライフスタイルに合わせたオーダーメードのメニューを提案していくこととなっております。

 

2月9日シンポジウムのご案内

こんにちは、ライフサポートクリニック広島のまじょこさんです。

この度は、毎年ご好評いただいております、発達障害専門家会議の第4回シンポジウムが行われるので皆様へご案内いたします 😀 

発達障害​専門家会議第4回シンポジウム

発達障害者に関わる親と子供の関係

​~親の暴力、子どもの暴力を防ぐには~

日 時 2020年2月9日(日)13:00~16:30

会 場 広島市南区民文化センター

参加費 1,000円 

※詳しくは シンポジウムチラシを参照ください。

発達障害の発見とその後の支援に関するキャリア研修会

こんにちは ライフサポートクリニック広島のまじょこさんです。
今年は暖冬のようで、過ごしやすい日が続いていますね。それでもインフルエンザは流行ってきているようなので、みなさん手洗い、うがいと体調管理には気をつけて元気に過ごしてくださいね。
さて、院長の恵子先生は先日「発達障害の発見とその後の支援に関するキャリア研修会」というクローバーの会が主催される研修会に参加されました。

当日は、かねはら小児科 金原洋治先生(山口県下関市)が「発達障がいの診断の仕方と留意点について」についてお話されました。
金原先生は発達障害・心身症・障害児医療を主な専門領域として活動し、多職種の職員や関係機関の人たちと連携して障害や心の問題がある子どもの支援を行っていらっしゃいます。
金原先生は、「場面緘黙」の第一人者で、著書や専門職種への教育活動もしておられます。
この研修会では、ストレスや不安がこどもに及ぼす影響から、発達障害の評価と診断の難しさ、支援方法から地域や関係機関と連携したサポート体制の築き方まで幅広く具体的に教えていただける内容でした。
クローバーの会では引き続き「第2期 発達障害の発見とその後の支援に関するキャリア研修会」第2回~第4回が開催されます。
「発達障害の発見とその後の支援に関するキャリア研修会」開催日時

是非この機会に発達障害や、その支援方法についてご理解を深めてみてください。
そして、この度講演してくださった金原先生の著書も下記に紹介いたします。「場面緘黙」や「感覚過敏(HSC:Highly Sensitive Child)」についてもご理解を深めてみてください。

【著書紹介】
なっちゃんの声(医学解説、学苑社)、どうして声が出ないの(監修、学苑社)
イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド(合同出版)などがございます。

令和元年インフルエンザ予防接種のお知らせ

今年度のインフルエンザワクチンお知らせです。

インフルエンザ予防接種の予約を開始いたしました!

【接種時期】

10月中旬より

【対象年齢】

3歳以上

【接種回数・料金】

  • ①65歳未満の方:1回   3,300円(税込)
  • ②13歳未満の方:1回目 3,300円(税込)  ★およそ2~4週間の間隔をおいて2回目を接種します。
  • 他院で1回目の接種を済まされた方は2回目でも3,300円となります。
  • 2回目 2,800円(税込)
  • ③広島市に住民登録がある65歳以上の方:1回 1,600円(自己負担額)

電話でのご予約承ります。

ライフサポートクリニック広島【TEL:082-259-3345】

10月6日 講演会のお知らせ

こんにちは。ライフサポートクリニック広島のまじょこさんです。
もう10月だというのに蒸し暑い日が続きますね。それなのに、まじょこさんにはすでに食欲の秋が到来してます。

そして、急な告知になりましたが・・・。
院長の恵子先生が広島シビタンクラブチャリティー講演会にて
「発達障害の概要と障害者の就労に関する現状」についてお話いたします!

日時:10月6日 14:00-16:00
場所:合人社ウェンディひと・まちプラザ 北棟5F(研修室ABC)
入場料:1,000円
お問い合わせ:広島シビタンクラブ TEL:082-234-4566

「さっかぁりょういく」知ってますか?

こんにちは、ライフサポートクリニック広島のまじょこさんです。
昨日までの天気の不安定さで、もう梅雨入りしたのかと思っていましたが、まだ中国地方の梅雨入りは発表されていないようですね。
今日はとても良いお天気で、クリニックも涼しい風が吹き抜けます。

先日5月29日、日本発達支援サッカー協会の代表理事杉岡英明先生がクリニックへいらっしゃいました。

日本発達支援サッカー協会とは日本初の「発達障がい」を持つ方々を支援するサッカー協会です。
ホームページ↓
http://jdsfa.jp/

1. 特性に合わせたプログラム・ルール、チーム作り、大会の開催・運営
2. サッカーを通じて社会参加のサポートとともに生きがいを支える居場所の創造
3. サポート環境を充実させる指導者の育成と保護者への支援
を目指し活動していらっしゃいます。
そして、発達障がいを持つ子どもを対象に、サッカー(スポーツ)を通して楽しみながら「脳の働きのアンバランス改善」「コミュニケーション能力の向上」「集団ルールの理解」などの大切なポイントを満し療育する協会独自のプログラム「さっかぁりょういく」を企画されています。 (療育:障害をもつ子供が社会的に自立することを目的として行われる医療と保育。)
ライフサポートクリニック広島は、「栄養」という面でスポーツするお子様のカラダ作りや、発達障がいなどで食べ物の好き嫌いがありしっかり成長期に必要な栄養が摂取できているか不安な親御さんをサポートをすることができます。「さっかぁりょういく」と当院の栄養部門とのコラボレーションでさらなる可能性を見出せると思います♪