カテゴリー別アーカイブ: 学会報告

九州ロービジョンフォーラム②

またまたご報告が遅くなりましたが、前回の九州ロービジョンフォーラムの続きで、今回はどんな内容だったかをお伝えしたいと思います。

20周年の記念となるこの度は「読み書きの困難を考える」というテーマで、視覚障害児への支援方法や、発達・学習障害児の視覚との関連とその支援というお話しでした。

DSC_0351 DSC_0352

 

今の時代はロボットや人工知能など科学・技術の発展がめまぐるしいほどですが、昔ながらのアナログな道具から、パソコン・タブレットまで、状況に合わせて上手に「道具」を利用していくと、障害も乗り越えて自分の夢を叶えていくことができることを再確認することができたシンポジウムでした。

また、とても興味深かったのは「発達・学習障害」と「視覚」との関連です。

特に、アメリカでオプトメトリストという資格を修得された大阪医科大学LDセンターの奥村智人先生による『見えているのに見えていない』現象(眼自体には問題は無いのに認識ができていない状況)に対する検査やトレーニングについては、今までの医療の常識からさらに進歩した診断と治療に繋がる内容でした。

DSC_0354

当院でも、近隣の眼科専門医と連携し治療につなげていく体制を整えております。

学校へ入学し、授業についていく事が難しくなってきている。読み書きが困難と思われる様子があり、それによって苛立ちをぶつける様子があるなどお困りのことがありましたら一度ご相談ください。

 

 

九州ロービジョンフォーラム①

こんにちは。

ライフサポートクリニック広島のまじょこさんです。

ご報告が遅くなってしまいましたが5月6日に北九州国際会議場で開催された【九州ロービジョンフォーラム】へ院長と一緒に参加して参りました。

DSC_0351

この九州ロービジョンフォーラムですが、今年で20周年を迎える会で、全国各地から医師や視能訓練士、教育、福祉、企業の方々が参加され、視覚障害児・者や家族の皆様と共に知見を深めることのできる会となっていました。

 

主催者の髙橋広会長は、北九州市立総合療育センターの眼科医であり、ロービジョンケアの必要性について国までを超え訴え続けていらっしゃいます。

患者さんに寄り添い、その方がもつ力を引き出し、時には背中を押すという心持で、ロービジョンケアとロービジョンリハビリテ-ションを発展させてこられた先生です。

DSC_0349※院長の左側にいらっしゃるのが髙橋広先生です。

次回はこのフォーラムの内容について報告しますね。